ドレスの試着におすすめのブライダルフェア特集

試着会

ブライダルフェアではウェディングドレスの試着が出来る場合があります。ブライダルフェアの内容により試着できないときもあるので、事前にチェックが必要です。

式場によって取り扱っているウェディングドレスのブランドや種類が異なるのでドレスを試着してから式場を決めるのも良いでしょう。

ドレスの試着が出来るブライダルフェアに参加してみよう

ブライダルフェアの際にウェディングドレスの試着が出来る式場もあるので、チェックしてみましょう。式場によって、用意されているドレスのブランド、種類は異なります。また、イメージしているドレスがその式場の雰囲気に合うかどうかも重要なポイント。式場を決めてしまう前に、ブライダルフェアでドレスの試着が出来るとイメージも膨らみやすくなります。

ブライダルフェアのドレス試着会のポイント
ブライダルフェアに行くまでに着たいドレスをイメージしておく

ドレスの種類は豊富で、多くの新婦がドレスを決めるまでにかなりの時間を費やします。試着するのには時間が限られているので、目に付いたものから着ていくとあっという間に時間が過ぎてしまいます。そこで、試着するまでにどんな形のドレスが良いか、どんな色が良いかという点は予め決めておく方が良いでしょう。

写真をたくさん撮っておこう

ブライダルフェアの試着会でも写真撮影をしてくれる式場もあります。新郎のタキシードもドレスと一緒に選び、二人並んで写真を撮ってもらうとイメージが膨らみますよ。また、ドレスは一度着てまた次のドレスを着ると、最初の方に着たドレスのイメージを忘れてしまいがち。写真を撮っておくことで、後から見返して比べることができます。

ブライダルメイクも大切

式場によっては、ドレスの試着の際にブライダルメイクを施してくれるところがあります。自分でするメイクではなく、プロの手によって簡単なヘアメイクをしてくれるので結婚式当日にドレスを着た雰囲気をより味わうことができます。

値段のチェック

ウェディングドレスはレンタルでもなかなか高額です。プランの中にドレス1着分無料というキャンペーンがあったりもしますが、値段が○万円以内という 様に決められていることも多いです。好きなドレスを選んでしまって予算オーバーということもあるので、ドレスの値段もチェックしておきましょう。ブランドによってドレスの値段もかなり違ってきます。予算に合ったドレスが、その式場に用意されているかどうかも確認しておくと良いですね。

ドレス選びの際の注意点

試着時に確認しておくポイント!


・ブライダルフェアの試着会ではそんなにたくさん試着ができない?!

ドレスを試着する際、たくさんあるドレスの中からお気に入りのものを探し、試着し、写真を撮ったりしていると意外と時間がかかってしまいます。きちんと予約して試着したとしても、数時間かかることがあります。あれもこれも試着出来るような時間はありません。一度の訪問で3~4着が目安でしょう。ブライダルフェアではしっかりと制限時間がある場合もあるので、事前に好みのタイプを決めておくようにしましょう。


・ドレスの取り置きが出来る?!

試着したドレスを気に入った場合、ドレスを仮予約しておかないと結婚式の予定日に別の人がそのドレスを予約してしまう可能性もあります。せっかく運命の1着が見つかっても、人気のドレスだと着れないことがあるのです。どうしても気になるドレスがあれば、キープしておく方が良いでしょう。しかし、取り置きには予約金が必要なケースもあるので、ブライダルフェアの試着会に行くまでに確認しておきましょう。


・押し売りに注意

値段の高いドレスばかり勧められたという口コミもあり、本当に似合うドレスを勧めてくれているのかどうかを見極める必要があります。また、ドレスを餌に、その日のうちに挙式の契約までさせようとしたりする式場もあると言われています。その日のうちに契約するとお得になる!というセリフで強気の営業をしてくるケースもあるので、自分の意思をしっかりと伝えられるように心がけておきましょう。


・平日のブライダルフェアが狙い目

休日はどうしてもブライダルフェアの参加者も多くなります。ドレスの試着をする際も、大きな会場に試着特設ブースを作り、簡易的な試着室で行われるということもあります。他のカップルと鉢合わせになってしまうというケースも...。平日のブライダルフェアであれば、ドレス試着にも時間をかけてゆっくりと選ぶことができます。平日限定のお得なブライダルフェアも、事前にチェックし予約を入れておきましょう。